Lambis truncata sebae(Kienar)ラクダ貝

昨日のラクダ貝の身抜き、洗浄一回目終了!写真はラクダ貝南城市水揚げ、最大径30センチ色合いは、肌色で模様はあまりなく、ピンクよりは黄色い単色系統で虫食いは見られませんでした。いずれにしても、模様の派手なものは外敵に見つけられやすいのか大きな模様の奇麗な貝は少なく感じます。沖縄の砂地の海底で同化するような色合いが外敵に見つけられずに済み!このように大きなものが水揚げされたのでしょう。味覚はコマ貝の…

続きを読む

移動する貝殻?

今日はセリは休みでした マグロがないので、早朝から庭に出て沖縄の貝類の日干し準備! 沖縄地方今日は曇り空です!日干しにならないです! 写真は日干しのために棚に乗せた天狗貝 夜光貝、スイジ貝! 何故か貝置き場から10メートル離れた場所に、貝が移動している 何故?我が家近辺に住んでいるオカヤドカリが棲みかに利用していました。 これは気にいたみたいなので譲ってあげることにしました 先日…

続きを読む

季節外れの千年貝の水揚げ

今日は晴天、気温14度で沖縄のこの時期では5℃近く冷え込んでいる セリにマグロは無く、今日もマグロ漁に出る漁師は見当たらない 明日もセリにマグロは・・・・ 季節外れの潜り漁で採れる千年貝が水揚げされている。 写真は土曜日のセリに並んだもの 現在満月、電灯潜りはできないが? 理由は、もずくの収穫時期なのでその時に採取されたものでしょう 大きさは23センチ、重さ2キロ程度(身が入った状…

続きを読む

タカラ貝!沖縄、世界の文化使い道

いつも研究に追われていて、そのブログ内容に集中していたので、今日はのんびり沖縄の貝の文化! タカラ貝についてお送りいたします。 写真は私が安産や子を授かる方々のためにセリで仕入れてご提供したものです。写真左の丸っこいものです。 和名はタカラ貝科ホシダカラ貝、英名Cypraea tigris Linnaeus 昔は沖縄近海に多く生息していてお土産屋ではポピュラーな土産品でした。ちなみに中央は…

続きを読む

夜光貝の言い伝えNew!

今日は成人式です。 おめでとうございます。 写真はシーサーのあ!ん!魚もあ!ん!縁起の良いものを呼び込み。 クモ貝はお祓いで悪いものは入れません! 夜光貝の言い伝えを今日新しく見つけました。 今日の成人式にうってつけでしたのでご披露いたします。 夜光貝!言い伝え! 闇夜、乱世の中でも強く、正しく、光り輝く光明のある人になるように導いてくれる神が宿り、輝きで導いてくれるそうです。…

続きを読む

ラクダ貝身抜き洗浄しました!

昨日のラクダ貝の身抜き、洗浄一回目終了! 写真はラクダ貝 南城市水揚げ、最大径30センチ 色合いは、肌色で模様はあまりなく、ピンクよりは黄色い単色系統で 虫食いは見られませんでした。 いずれにしても、模様の派手なものは外敵に見つけられやすいのか 大きな模様の奇麗な貝は少なく感じます。 沖縄の砂地の海底で同化するような色合いが外敵に見つけられずに済み! このように大きなものが水揚げ…

続きを読む

巨大ラクダ貝!ピンク貝入手しました。

今日のセリ周りで、最大径30センチにもなるラクダ貝、ピンク貝を入手しました。 皆がラクダ貝と称す棘の細い種類ではなく。太く筒状の棘の種類で私が知る限り数年間に1個しかセリに出ない希少な一品です。東南アジアの希少な貝のピンク貝です。実際にラクダ貝の扱いですがまぎれもないピンク貝!ゴホウラ貝とラクダ貝のハーフかもしれません! 写真は前ブログに出したものです。それの倍の大きさで、形状も完璧に近いレ…

続きを読む

最近セリで見つけた沖縄の貝!

沖縄近海はここ最近台風の影響や北風の季節風で海は荒れておりマグロ漁に出れない状況が続いている。セリに並ぶマグロも少なく、セリ値は高い。私の手の出せるセリ値を超えている状況である。 注文が入っているが、様子見しているところである。 セリには結構貴重な沖縄の貝類が並び、仲買の方たちはマグロに目が向っておりそれに気付かない? 私にここ最近よく回ってくる。 先日ホネ貝を6個入手した。 写真がそ…

続きを読む

夜光貝細工注文のしな

2か月ほど前にご注文いただいた夜光貝、模様だし研磨に模様描きのランプ仕上げが昨日の日食ピーク時の午前10時40分ごろ仕上がりました。 家紋も描くように依頼されていましたが、そこはどうしても描けなくて空白にしました。 家紋を書き込むほどの由緒あるものとしてゆっくり、仕上げました(実際にこれだけに集中できる時間がなかった)それゆえ個人的には、ナチュラルに夜光貝の自然の輝きや形状を最大限に引き出せ…

続きを読む

今日はセリ休み!注文の夜光貝細工仕上げ中!

今日はセリはありませんでした。 なのでマグロはなし!今日も沖縄本島南部地域は悪天候のため漁に出た漁師はいない! なので明日もセリは無く、マグロも手に入れることはできない! 注文が入った場合は、高くても那覇の本船マグロが手に入る。 特に連日ホンマグロの水揚げ好調で比較的手に入れやすい価格で推移している。 今日の出荷の仕込みが一段落したので、ご注文の夜光貝ランプ使用、デザインは干支 中心…

続きを読む

夜光貝細工5月6月バージョン!

今日のセリはダルマを落とすため出向きました。 ダルマは5キロ前後しか並んでいなく、大手の水産会社がまとめ一気セリ落としを行っている。 ダルマとはメバチマグロの25キロ以下を当漁協セリで区分け?している。 ちなみにキメジは10キロ以上25キロ未満のキハダマグロの名称となっています。 ダルマは小さすぎるのでキハダマグロにターゲットを絞り再セリチャレンジ!競り負け! これ以上値をあげても利益…

続きを読む

雨が降らずゴミ落としできない

今日でゴールデンウィークはおおむね終了! 今年のゴールデンウィークは雨が全く降らず、行楽日和の日が続きました。 どこも大盛況だったのでしょう! 渋滞がひどかったので! 私は一人家に引きこもって、ひたすら貝細工の加工! 大型の夜光貝を1個磨きあげ今日にデザイン仕上げの予定! 雨が全く降らないのでスイジ貝やクモ貝の洗浄ができない写真奥! これは軒下に置いておくと屋根からの雨滴できれいに…

続きを読む

夜光貝細工バラ模様仕上げ中!

注文の夜光貝のバラ模様仕上げ2点仕上げ中! 明細仕上げの両面配色ランプ点灯模様変わりのものはほぼ出来上がりました。 シンプルバラ模様は確認してもらって細工や模様足しを追加するかによって変わります。 写真がそれです。人それぞれ好みがあり、しかもその日の天気、気分、時刻で希望デザインが変化いたします。 明細模様は私は貝の自然の輝きが美しかったのでそのまま自然磨きをお勧めいたしました。 しか…

続きを読む

夜光貝磨き二重模様ランプ仕上げ

夜光貝中の模様だし磨きに水墨画風デザイン! ランプ照明、インテリア置物の完成!写真 次の写真は注文品の細工中で、非常に注文が細かい ここまで微妙な光沢を出すのに15日(一日1時間の手作業)ほどかかった 貝の真珠層に合わせて彫刻し始めたところ 薄い青のラインは下書きで彫刻前で、彫刻デザインを行い 内部にランプを仕込み夜用の照明模様を内側に書き込んでいく それが終わって、表の水墨画…

続きを読む

スイショウ貝科(ソデボラ科?)!ゴホウラと判明!

写真の貝は和名ゴホウラでした! やっと名称を突き止めました。 沖縄の方言名は不明であり、調べた事典によると? 1冊目は水深0~5メートルに生息していると記述されており 別の一冊は10~20メートルに生息しているとの記載 大きさは最大径11センチとのこと 私の所有している物すべて15センチ以上で有り、写真の品は20センチを超えているかも? やっと正体がわかったのですぐに記録として残し…

続きを読む

ラクダ貝?

沖縄南部海域のマグロの水揚げはキメジクラスが好調です。 今週からセリねはあんていしてきました。 彼岸入りしたので、天ぷら用が売れ行きが良いみたいです。 そのためマグロは・・・・ 知り合いの水産会社の方に宝貝を探してもらうようお願いしていたところ 写真の貝が届きました。 宝貝が6個! ラクダ貝?と思っていたのが1個追加で計3個!写真は洗浄して旧歴の3月3日に御清めしたもの ネットや…

続きを読む

ラクダ貝?2個見つけました!

先週土曜日のセリでラクダ貝?(通称ピンク貝?)を2個見つけました! 昨日身抜きして軽く洗浄し乾燥中です。 写真がその貝の表面と裏面です。 もっこりした胴体に、末広がりの羽(扇状)をもちます。 沖縄の結納のとき縁起物として出される天ぷらの形状そのものです これは、子を授かり末広く家系の繁栄の願いが込められたものだそうです。 もしかしたら、宝貝よりご利益があるかもしれません。 磨きあげ…

続きを読む

今日のセリマグロ、メジ多い!

今日は港川のセリに行きました。 マグロ、メジが多く、セリね相変わらず高値! 合格祝い、卒業祝い、入学祝い、歓送迎会などで しばらくの間は高値傾向で推移するらしい。 しかしこの不景気で売れ行きは? 今日はのんびり、夜光貝のアクセサリーの作成 仕上げ中 写真がその仕上げ中の夜光貝シートを張り付けて 花束模様をち密に描きこんだもの6点 夜光貝中型サイズを真珠層出し研磨し、春の野原のイ…

続きを読む

夜光貝細工

夜光貝の新作を披露します。 髪飾り5点は撮影前に持って行かれました。 無理な注文として、ルパン3世を書き込んでとのいらいを受けて仕上げましたが、撮影記録はないです。 写真は、1匹龍、双竜、模様強調、流し模様、気まぐれデザインです。

続きを読む

見つけた!万宝貝!

やっと念願の万宝貝(写真)を見つけました。 まだ生きているので、身抜きを行い洗浄、乾燥して30日後ぐらいに飾れそうである。 名前の由来どおり、沖縄だけではなく日本や中国などでも広く、守り貝として屋内に飾りつけされているようです。 沖縄での言い伝えは 商売繁盛、万の富を授かり、子孫まで家が繁栄し千年!万年!も末広に発展、繁盛を願い、床の間に飾る風習があると言い伝えられています。 希少では…

続きを読む

沖縄の貝

沖縄の貝類をご紹介!写真、左がチョウセンサザエ、中央がシャコ貝、右がクモ貝!シャコ貝の大きなものは玄関や門扉に飾り魔除けにします。クモ貝は軒下に吊るして、これも魔除けとします。 左がタカラ貝、中央スイジ貝、右タカセ貝の磨きいれたもの!タカラ貝は別名子宝貝といわれ、子を授かり、そして安産になるよう見守ってくれる守り貝、別に商売繁盛、家の繁栄! 中央がスイジ貝水の字の貝で、水の字で魔を払います。…

続きを読む